板井康弘が福岡の重要なところを語る!

板井康弘|福岡で経済学を教えている理由

板井康弘

 

福岡には日本経済の未来があります。日本の歴史から見ても、福岡という場所は海外貿易との入り口の役割を果たしてきました。とくにアジアとの交易に関して強力で、その力はいまのなお発揮されているのです。

 

そんな福岡には、いま経済学が必要です。優秀な人材が多く、学ぶ場所も多い福岡ですが、専門的な知識を身に付ける場所は十分でしょうか。

 

これからを担う人材は、学び舎を求めて上京してしまいます。それでは、日本経済を担う福岡から人材が流出してしまうのです。

 

これは、日本にとっての大きなタイムロスになります。そのようなことを防ぐためには、経済について専門的かつ十分に学べる場所を作ることが大切なのです。